首にできたイボについて

首イボを炭酸ガスレーザーできれいに治す!治療法・費用・メリット

投稿日:

炭酸ガスレーザー治療

首って意外と人に見られているものです。

今回は、首イボで悩んでいる方のために、首イボの炭酸ガスレーザー治療の流れから費用やメリットなど、首イボのレーザー治療について詳しくご説明していきます。

首イボは放置しておくとどんどん数が増えてしまいます。病院で早くきれいに治して、美しいデコルテを維持していきたいですね。

首イボの種類

首は色々な種類のイボが出来やすい場所です。一見同じように見えるイボでも、色々な種類のイボが混ざっていることがあります。できたイボの種類により増え方や治療法も異なります。

自己判断で同じ薬などを塗っていても全く効果がない場合もありますので、早く治したければ専門医を受診するのが一番でしょう。

アクロコルドン

アクロコルドンとは、皮膚が柔らかくて薄い首・胸元などにできやすい2~3mm程の平らで小さなイボです。一つ一つは小さくて目立ちにくいのですが、多発することが多くなっています。30代以上の女性に多く見られるイボです。

スキンタッグ

スキンタッグは、アクロコルドンと同様首筋や胸元にできることの多いイボです。大きさは、アクロコルドンより少し大きく4~10mm程度となり、盛り上がっているのでより目立つようになります。30代以降からできやすくなり、年齢が上がるにつれて数が増えていくことが多いです。

老人性イボ

老人性イボは、年齢があがるにつれて体の色々な部分にできてくるイボです。特に、首や顔など紫外線を浴びやすい部分にできることが多く、初めは小さかったイボでも時が経つにつれてどんどん大きくなっていきます。

首イボの治療法

首イボには、いくつか治療法があります。それぞれ、治るスピードや費用が異なります。治療法の特性をよく理解したうえで、どの治療法を選ぶか決めるとよいでしょう。

レーザー治療

レーザー治療は、一番新しいイボの治療法になります。一度に多くの首イボを取ることができるので、長い間放置して数が増えてしまったイボを一気に治したい時におすすめです。ただ、治療費は他の治療法に比べ高額となります。

液体窒素

液体窒素による治療法は、首イボ部分に直接液体窒素をつけてイボを取ります。非常に冷たい液体窒素が皮膚に触れますので、痛みを伴い、イボの痕が色素沈着する可能性があります。

イボの大きさや数にもよりますが、一度では取り切れず何度が通院することが多いです。費用は、保険適用ですので、安くすませることができます。

切除

首イボを取る切除する治療法は、イボをハサミやピンセットで取り除くという単純なものです。場合によっては麻酔をして行います。イボの数が多く、痛みが苦手な方は医師に相談してみましょう。保険適用での治療が可能です。

首イボのレーザー治療の流れ

首イボをレーザー治療で治したい場合、病院を受診してすぐに治療してくれる訳ではありません。
レーザー治療を行う前に準備期間が必要になりますので、日程に余裕を持って治療に行きましょう。

初診&テスト照射

初診時には、治したいイボの数や場所の確認が行われます。イボの数により費用が異なりますので、自分が治したいと思うイボの数や箇所を正確に医師に伝えましょう。

まれにレーザー治療によりケロイドができることがありますので、目立たない場所のイボを選んでテスト照射を行います。観察期間は、1~3ヶ月程必要となります。

過去に他の病院でレーザー治療を受けた経験があり、ケロイドなどができなかった場合には、テスト照射を行わずに治療を開始できることもあります。

治療費の見積もり

テスト照射の経過を見て、傷が完治しケロイドなどができていないことが確認できた場合には、病院側から治療費の見積もりを出されます。

見積もり額について不明な点がある場合には、この時に質問しておきましょう。見積もりを聞きに行く時には予約が必要なことが多いです。

レーザー治療実施

病院側からの見積額に納得した場合には、治療に取りかかります。治療するイボの数により治療時間が異なります。イボの数が100個以上と多くなる場合には治療時間が長くなります。

首イボのレーザー治療法

首イボのレーザー治療法をご説明します。

治療後のイボの痕は浅い傷になりますが、1週間~10日で傷が治り赤みだけが残ります。
赤みが消えるまでの期間には個人差がありますが、3~6ヶ月程となります。

首イボのレーザー治療法

  1. レーザーで除去する部分に麻酔クリームを塗る
  2. イボ一つ一つにレーザーをあてていく
  3. イボをとった痕の傷に抗生剤入りの軟膏を塗る

首イボのレーザー治療の費用

首イボのレーザー治療は、保険が適用されない自費診療となります。
イボ1個当りの値段を決めている病院が多いので、イボの数が多くなるほど高額になります。
また、イボ1個当たりの値段にプラスして初診料や麻酔・抗生剤入り軟膏の値段もかかってきます。

1年間の医療費が10万円を超えた場合、確定申告をすることで医療費の一部が還付されます。

医療費は、家族全員分を合算することが可能ですので、イボのレーザー治療で高額な医療費を払った方は確定申告をした方がよいかもしれませんね。

首イボのレーザー治療のメリット

首イボのレーザー治療は、自由診療なので費用は他の治療法に比べて高くなりますが、治療や治療後の治り方などにはメリットが多いです。

痛みがない

レーザー治療では首イボのレーザーをあてる前に局所麻酔をするので、処置中に痛みを感じることはありません。

液体窒素での治療は痛みを伴いますので、イボの数が多ければ多いほど患者の負担は大きくなります。

早く治る

レーザー治療をすると一度に多くのイボを取ることができるので、完治までの時間が短くてすみます。忙しくて病院に通う時間がとれない人は、受診回数が少ない方が助かりますね。

色素沈着の恐れがない

レーザーでのイボ治療を行うと、イボの治療痕がきれいな点がうれしいです。

液体窒素での治療は、色素沈着の可能性がありますので、首など目立つ部分のイボをとっても色素沈着が気になるという結果になることもあります。

首イボのレーザー治療はタイミングが大事

首イボのレーザー治療は、最終的には痕が残らずきれいになりますが、治療後しばらくは赤みが残ります。薄着の季節には、気になる方もいるでしょうから、治療を行うなら首周りを出すことが少ない冬にすることをおすすめします。

冬の間に首のイボをきれいにして、夏になったら首元のあいたステキなお洋服を着てオシャレしたいですね。

最後にまとめると、首イボは、年齢と共に増えて行きます。30代以上の方の悩みのタネです。首イボをレーザー治療できちんと治して若々しい首元を取り戻したいですね。

ただ、イボのレーザー治療は、決してお値段の安い治療法ではありません。治療後に後悔しないためにも、治療を行う前に、治療法や治療後の経過について気になることがあれば遠慮せずに主治医に質問しておきましょう。

-首にできたイボについて

Copyright© 艶つや習慣の口コミブログ , 2017 AllRights Reserved.