首にできたイボについて

イボ治療薬の定番「イボコロリ」、首のイボには使用禁止!?

更新日:

イボ治療薬の定番治療薬といえば「イボコロリ」、1度は見聞きしたことがありますよね。

加齢ととともに増えてくる首のイボで悩んでいる人の中にはイボコロリを使ってみようかな、と思っている人はいませんか?

実はイボコロリの中でも、首のイボには使えない種類と使える種類があります。
首のイボにも使えるイボコロリの正しい情報をご紹介します。

首のイボには使用禁止のイボコロリ

第2類医薬品】イボコロリ液 6mL/横山製薬株式会社

イボコロリ

イボコロリ液は、魚の目・タコ・イボの治療薬です。使い方は、1日4回1滴ずつキャップに付属している棒で、イボに直接塗ります。

イボコロリ液に含まれる「サリチル酸」という成分が、硬くなった皮膚を柔らかくすることで、魚の目・タコ・イボを取り除くことができます。サリチル酸が1g 中0.1g、添加物としてコロジオンが配合されています。

手足などの魚の目・タコ・イボの治療薬として、一般的に広く使用されている治療薬ですが、肌を柔らかくするサリチル酸の作用が強いため、首など柔らかい皮膚にできたイボには使用することができません。

また、医師の治療を受けている場合、妊娠中・妊娠の可能性がある場合、市販されている薬でアレルギーの症状を起こしたことがある場合には、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

【第2類医薬品】イボコロリ絆創膏/横山製薬株式会社

イボコロリ

■効能・効果
魚の目・タコ・イボに効果があります。イボコロリ絆創膏に含まれる「サリチル酸」が硬くなった肌を柔らかくし、魚の目・タコ・イボを取り除くことが出来ます。

■成分
イボの治療に有効な成分サリチル酸が膏体100g中に50g配合されています。添加物として精製ラノリン、エステルガム、ポリブテン、生ゴムが含まれています。

■用法・用量
イボとその周りの肌を清潔にします。絆創膏についている剥離紙をはがし、サリチル酸絆創膏がイボを覆うように貼り付けます。2,3日貼るとイボの周りの皮膚が白く柔らかくなるので、ピンセットなどで剥がし、新しい絆創膏を貼ります。イボが完全に取れるまで繰り返します。

■使用上の注意
医師の治療を受けている人、アレルギー症状を起こしたことのある人、妊娠中・妊娠の可能性がある人、糖尿病の治療を受けている人は注意が必要です。

■首のイボに使えない理由

肌を柔らかくする作用が強いため、元々肌の柔らかい首や顔、唇など粘膜への使用ができません。また老人性イボや多発したイボにも使用することができません。

首のイボに使用できるイボコロリ

【第3類医薬品】イボコロリ内服錠 180錠/横山製薬株式会社

イボコロリ

イボコロリ液、イボコロリ絆創膏は首のイボに使用することはできませんが、イボコロリ内服錠は首のイボに使用することができます。

首だけではなく、顔などの皮膚が柔らかいところにできたイボや、肌荒れがきになる場合にも効果があります。18歳以上の成人で1日3回・1回6錠を、食前または食間(食後2〜3時間)に飲みます。

イボコロリ内服錠は、イボの治療に効果がある「ヨクイニンエキス」が含まれています。ヨクイニンエキスは、乱れた肌のターンオーバーを整えて肌の新陳代謝を促進する作用があります。

1日に飲む用量の18粒に、ヨクイニンエキスが約2g配合されています。添加物としてメタケイ酸アルミン酸マグネシウム、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、アメ粉、結晶セルロース、乳糖水和物、トウモロコシデンプンが含まれます。

医師の治療を受けている人、妊娠中・妊娠の可能性がある人、アレルギーのある人はかかりつけ医・薬剤師に服用が可能か相談してから使用しましょう。

イボコロリ内服錠じゃ治らない首のイボがある?

首にできるイボには、いくつかの種類があります。イボコロリの内服錠では治るイボと、治らないイボがあります。そんな首のイボの種類をご紹介します。

アクロコルドン

アクロコルドン

出典:http://mona110624.exblog.jp/

アクロコルドンは、イボコロリ内服錠が効果的な首のイボです。アクロコルドンは首にできるイボの中でも最も多いイボで、非感染性の良性腫瘍に分類されます。

首のイボの中でも3mm程と小さく、色は肌色〜褐色を帯び、突起はあまりなく柔らかい感触をしています。小さいため目立ちにくいですが、多発しやすく加齢により徐々に数が増えていくという特徴があります。

イボができやすい体質などの遺伝的な要因、皮膚の摩擦による影響、紫外線による肌へのダメージの蓄積が原因で発生します。30代以降に発症率が高くなり、女性や肥満の人に多い傾向があります。また、糖尿病患者や閉経後の女性でも発症率が高くなります。

スキンタッグ

スキンダッグ

出典:http://www.sayaka-biyou-clinic.com/

スキンタッグは、イボコロリ内服錠が効果的な首のイボです。アクロコルドンと同様に首にできるイボの中でも最も多いイボで、非感染性の良性腫瘍に分類されます。

大きさはアクロコルドンよりやや大きく数mm〜1cmになるものまであり、色は肌色〜褐色を帯びたものから黒色まであるため、ホクロと見間違う事もあります。

加齢により徐々に数が増えていくという特徴があります。首だけではなく、汗をかきやすい脇や背中にもできやすく、顔や手にも出来るという特徴があります。

加齢により新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーが正常に働かなくなる等、肌の老化が主な原因と考えられています。また紫外線による肌のダメージの蓄積、食生活の乱れや睡眠不足もターンオーバーを乱す原因になります。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、イボコロリ内服錠だけでは完治が難しいイボです。尋常性疣贅は、ウイルス性疣贅とも呼ばれる感染性の良性腫瘍に分類されます。

ヒトパピローマウイルスが皮膚の傷口から侵入し、免疫力が弱っている事で感染すると尋常性疣贅が出来ます。感染性のため、ウイルスが残っている場合には再発しやすく、また他人への感染も認めます。

ウイルスの感染が原因のため、ウイルスを除去する治療法が選択されます。液体窒素での凍結療法が代表的で、その後軟膏の塗布が行われます。誤ったセルフケアで切除したり削ったりする事で増殖したり、他人へ感染するなどのリスクがあります。

液体窒素の治療後、イボのできやすい体質の改善のためにイボコロリ内服錠を使用するのは、効果があります。

悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫はイボコロリ内服錠の効果はありません。悪性黒色腫とは、悪性腫瘍の1つでメラニンを作る皮膚の色素細胞がガン化したものです。

色は淡紅色〜黒色と様々で、6mm以上と他のイボに比べるとやや大きく、形はイボと周囲の肌の境目が曖昧でギザギザしていて左右対称ではないのが特徴的です。

悪性黒色腫はホクロや脂漏性角化症と間違えられることがありますが、色や形、大きさに急激な変化が見られた場合には悪性黒色腫の疑いがあります。

悪性黒色腫治療の第一選択は、手術での切除です。手術の補助として抗がん剤治療を用いることもあります。

イボコロリまとめ

イボ治療薬として定番の「イボコロリ」には、液体タイプ・絆創膏タイプ・内服タイプの3種類があり、そのうち首のイボに使用できるのは「イボコロリ内服錠」のみです。

イボの種類によってはイボコロリ内服錠の効果が現れないものもあります。使う薬とイボの正しい知識を持って、治療法方法を選択していきましょう。

艶つや習慣
艶つや習慣プラスの口コミはだまし?本当にイボに効果があるのか検証

最近、顔や首元にできたイボみたいな小さなポツポツが気になっていませんか? それは年齢を重ねることで少しずつ出てくる「角質粒」といわれるイボみたいな小さなポツポツ。 別名「老人性イボ」とも呼ばれています ...

続きを見る

-首にできたイボについて

Copyright© 艶つや習慣の口コミブログ , 2017 All Rights Reserved.