スキンケアについて

敏感肌の人は特に注意!正しい洗顔やクレンジングの仕方とは

投稿日:

正しい洗顔

きれいに洗顔やクレンジングで汚れを落とすことは、美肌になる上でもとても大事とされています。ただ、あまりにも洗いすぎてしまうと肌に負担をかけてしまうことにも繋がります。

しっかりとクレンジングをしながらも、敏感肌の人にも負担がかからない洗顔とクレンジングの仕方をまとめました。

そもそも敏感肌とは

肌のバリア機能が損なわれてしまっために、外からの刺激が入り込みやすくなっている状態の肌のことを指します。体質や、生活習慣に原因があるともされています。

敏感に反応してしまうので、髪にふれただけでもかゆくなってしまったり、化粧水に含まれる微量のアルコールでかぶれて赤くなってしまうなどといったことがおこります。

刺激が強いクレンジング剤によって、肌を傷つけることもあるため、肌に刺激をかけないようなものを選ぶことが大事といえます。選ぶにあたって、そもそもクレンジング剤とはどのようなタイプに分けられるかまとめました。

クレンジング剤の種類

  • クレンジングジェル(水性のもの)
  • クレンジングミルク
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングジェル(油性のもの)
  • 泡クレンジング
  • クレンジングオイル・リキッド
  • ふき取りタイプ

といったように分けられます。

上から順に刺激が弱いものとなり、下にいけばいくほど刺激が強いものになります。
また、多くのクレンジング剤には合成界面活性剤が含まれていることがあります。

合成界面活性剤が含まれるクレンジングを敏感肌の人が使用すると、必要な油分まで溶かしてしまい、結果お肌が乾燥してしまうといった場合も考えられます。

そういった場合が気になる方は、石油系ではなく自然由来の界面活性剤を使用しているクレンジングや洗顔料を選びましょう。

界面活性剤の量は、拭き取るタイプよりも洗い流すタイプの方が少ないです。ですので、敏感肌の方は特に拭き取るタイプよりも洗い流すタイプのものを使った方が良いといえます。

自分にどんなタイプのクレンジング剤が合っているのかが分からず困っている方もいるかもしれません。そういった方は、化粧品売り場などで、購入を決める前にサンプルをもらい、目立たない腕の内側など位置でパッチテストをしてみるのが望ましいです。

パッチテストをすることで、実際に使用する前に、肌に与える影響を把握することが出来ます。

パッチテストの順序

  1. 適量を、入浴後に二の腕の内側など、目立たない場所に塗る。
  2. 腫れやかゆみ、赤みが出ていないかを、様子を見ながら24時間後確認する。
  3. 二の腕の内側などで問題がなければ、フェイスラインなどに少量を塗って、再度何か異常は確認する。

これで異常が出なければ、使用しても問題が起こらないだろうといえます。
自分に合ったクレンジング剤かどうかをしっかりと見極めましょう。

正しい洗い方

洗顔 タオル

ゴシゴシとこするよりも、よく泡立てた泡をつくるということがポイントになります。
しっかりと泡立てた泡による表面張力によって、汚れを包み取りとるというのが基本のクレンジングの仕方です。

肌にクレンジング剤などの泡をゴシゴシとこすりつけることで汚れが落ちるというではなく、泡の表面張力によって汚れを落とすことが出来ます。

なるべく肌に負担をかけないためにも、ゴシゴシとこすることはしないようにしましょう。泡洗顔の場合は、手が直接肌に触れない程度の、泡の上からそっとマッサージするくらいの力でも十分洗うことが出来ます。

また、コットンやティッシュで拭く場合や、ふきとりタイプのクレンジング剤を使用するときなど、必要以上の力を入れて拭き取るといった過度の刺激は肌に負担をかけすぎてしまいます。

ふきとりタイプのクレンジングは手軽なので人気がありますが、肌をこすってしまうことで刺激になりますし、メイクが落としきれず肌に残ってしまうことも考えられます。肌に残ってしまうと酸化の原因になりますので、拭いた後は洗い直すようにしなければなりません。

クレンジング剤が肌に触れているということ自体も刺激になってしまうので、肌に馴染ませたらなるべくすばやく洗い流すことも大事です。洗い流す際には、熱いお湯で洗い流さないということも大事です。

熱いお湯を使うと、その後乾燥しやすくなってしまいます。水に近いぬるま湯を使って、20回ほど丁寧に泡を洗い流していくのが望ましいです。

洗い終わった後には、質の良いタオルで顔を軽く押さえるようにして、肌に負担をかけないように水分を取るようにしましょう。

まとめ

正しいクレンジングの仕方で、肌に極力負担をかけないようにすることで、赤くなったりかぶれてしまったりといった敏感肌の症状も改善することが出来ると思います。

お肌をいつもツルツルのまま保てるようにしていきたいものです。

-スキンケアについて

Copyright© 艶つや習慣の口コミブログ , 2017 AllRights Reserved.