首にできたイボについて

首イボにステロイドは効くの?それとも逆効果?

投稿日:

首周りのイボは、一つできると知らない間に数が増えていたりするので、できるだけ早めに治療をしていきたいものです。

ただ、皮膚科で一般的に行われるイボを切る治療法は痛いですね。イボを切らずに治せればよいのにと思う方は多いでしょう。

ステロイドは首イボに効くのではと考える方もいるかもしれませんが、自分の判断でステロイド軟膏を処方された部位以外に使うのは危険です。

ステロイドが首イボに使えるかを解説していきます。

ステロイド軟膏

ステロイド軟膏とは、ステロイドが配合された塗り薬のことです。
ステロイド軟膏は、皮膚科で一般的に処方される薬の一つです。

ステロイドとは?

ステロイドとは、副腎から作られるホルモンになります。ステロイドは、軟膏だけでなく、様々な病気の治療薬として活用されています。

ただ、ステロイド配合薬は、副作用がおこることも多く、処方された通りに服用・使用することが大切になる薬になります。

ステロイド軟膏の効果

ステロイド軟膏は、アレルギー性皮膚炎や皮膚の炎症を抑えるのに用いられます。ステロイド軟膏は、副作用も考えられますが、炎症のひどい時に効果的に使用することで、炎症が速やかに治まります。

ステロイド軟膏は、炎症のひどい時だけ使用し、炎症が治まってからは他の薬に替えるようにする場合が多くなっています。

ステロイド軟膏を、副作用の危険性から使用を控えたいと考える方も多いですが、短期的な使用なら炎症が早く治まるため効果が大きいと考える医師が多いです。

また、ステロイド軟膏は、薬の強さで段階に分けられており、炎症の程度により処方される薬が異なります。

ステロイド軟膏の副作用

ステロイド軟膏は、副作用の可能性がある薬ではありますが、短期的に使用するぶんには副作用の心配は殆どないとされています。

ステロイド軟膏の使用で心配される副作用は、長期間にわたり継続的に使用することでみられるものです。

ステロイドが配合された軟膏の使用により考えられる副作用は、以下の通りになります。

  • 副腎の働きが悪くなる
  • 緑内障や白内障
  • 目の異常(痛み・かすみ・目が見えにくい・ゆがんで見える)
  • 頭痛
  • 吐き気
  • ニキビの悪化
  • 皮膚が薄くなる・茶色くなる
  • 多毛

主なステロイド配合軟膏

皮膚科で処方されることの多い、ステロイドが配合された軟膏をご紹介します。

皮膚疾患でこれらのステロイド軟膏を処方された場合、医師の指示通りに使用し、何か体に異常を感じたら使用を中止して、医師に相談するようにしてください。

  • デルモベート
  • リンデロンDP
  • アンテべート
  • リンデロンV/VG
  • メドリックス
  • アルメタ
  • ロコイド
  • キンダべート
  • メドロール

首イボにステロイドは効果なし

アクロコルドン

出典:http://mona110624.exblog.jp/

首イボにステロイドが効くかというと、首イボにはステロイドの効果は無いと言えます。

ステロイドは、皮膚の炎症を抑える働きが期待できる塗り薬になります。イボは皮膚の炎症が原因でできるものではありませんので、ステロイド軟膏を塗っても効き目はありません。

ステロイドは、副作用の心配がある薬です。必ず医師の処方通りに塗ってあげましょう。

首イボにステロイドを使う危険性

ステロイド軟膏を自身の判断で首イボ部分に塗ってしまうのは、症状が治まるどころから悪影響を与えてしまうこともあります。

首イボにステロイド軟膏を塗ってしまうと治まるどころか、逆にイボが広がってしまう可能性がありますので、気をつけてください。

首イボの種類

首イボと一言に言って、原因や病名が異なることがあります。首にできやすいイボの種類をご紹介していきます。

老人性イボ

老人性イボとは、年齢があげるにつれてできやすくなるイボのことです。人によっては、若いうちからできる場合もあります。

肌の老化やターンオーバーのスピードの低下が原因になりますので、特に対策を取らなければ、年を重ねるに従いイボの数が増えてたり、大きくなっていってしまいます。

ウィルス性イボ

ウィルス性イボは、何らかのウィルスに感染することによりできるイボのことです。ウィルス性イボは、イボに触れた手で他の体の部位を触ってしまうことで、他の部分にもイボが増殖してしまう恐れがあります。

ウィルス性イボにステロイド軟膏を塗ってしまうと、ウィルスが増殖する可能性がありますので、気をつけてください。

首イボの治療法

首イボに、ステロイド軟膏を使ってはいけないことが判りましたね。では、首にできたイボにはどのような治療法がよいのでしょうか。首イボの主な治療法をご紹介します。

イボを冷凍窒素で焼く方法

首イボの治療で皮膚科を受診すると、イボを冷凍窒素で焼く治療法が取られることが多いです。痛みを伴い1回に処置できる個数にかぎりがありますので、イボの数が多くなってしまった場合は、大変です。

保険が適用されますので、1回の治療費は1,000円以内で治まる場合が多いです。冷凍窒素で焼く場合は、数が少ないうちに早めに受診するようにしましょう。

レーザー治療

美容外科を受診するとレーザー治療でイボを治してくれます。ただ、保険が適用とならない場合が多いですので、治療費が高額になることを頭に入れておいてください。

イボ治療に効果があるクリームを塗る

首イボの治療や予防には、イボに効果的なクリームなオイルなどを塗ることで効果を感じている方も多いです。

首のイボに効果的とされてる成分が、「ヨクイニン」と「アンズ」です。ヨクイニンとは、ハトムギの種の皮の部分を乾燥させたものです。アンズは、果物の杏子のことです。

首イボ治療にクリームやオイルを使用する時には、ヨクイニンやアンズが配合されている艶つや習慣を選ぶとよいでしょう。

艶つや習慣
艶つや習慣プラスの口コミはだまし?本当にイボに効果があるのか検証

最近、顔や首元にできたイボみたいな小さなポツポツが気になっていませんか? それは年齢を重ねることで少しずつ出てくる「角質粒」といわれるイボみたいな小さなポツポツ。 別名「老人性イボ」とも呼ばれています ...

続きを見る

首イボの予防策

首イボを治療したら繰り返さないために、予防することが大切になります。首イボは、日常生活で少しずつ工夫することで予防できますので、実践してみてください。

保湿

肌が乾燥しているとイボができやすくなります。入浴後は、もちろんそれ以外の時も気付いたら小まめにクリームなので保湿するようにしましょう。

血行を促進させる

イボの予防には、血行を促進させ、肌のターンオーバーを促してあげることが大切です。入浴後のマッサージやウォーキングなど適度な運動を、毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

紫外線対策

紫外線もイボには、大敵です。外出する時には、日焼け止めクリームを塗るのを忘れないようにして、帽子やストールなどで顔や首周りに紫外線を浴びるのをできるだけ防いであげましょう。

まとめ

首イボの治療として、自分の判断でステロイド配合の軟膏を塗ることは、危険だということが判りましたね。ステロイドは、副作用がおこることもある薬ですので、処方された以外の治療に使うのはやめてください。

首イボは、皮膚科で治療してもらうことができますが、痛みに弱い方は、首イボ専用のクリームなどで様子を見るのもよいでしょう。

-首にできたイボについて

Copyright© 艶つや習慣の口コミブログ , 2018 All Rights Reserved.