首にできたイボについて

イボに木酢酢が効く?木酢酢のイボへの効果&使い方

投稿日:

木酢酢 イボ

イボの治療法を知りたい方へ。イボには、木酢酢が効果があるとされています。

木酢酢は、あまり身近なものでありませんので、木酢酢は何かということから、木酢酢のイボへの効果・木酢酢の正しい使い方などについて、詳しくご紹介していきます。

イボは、放置しておくとどんどん悪化していくことがあります。早めに対応してイボの悪化を防ぎましょう。

木酢酢とは?

木酢液(もくさくえき)とは、木材を炭焼きした時に発生する煙を液化したものです。木材を木炭にする過程で木を焼きますが、その時に煙りが出ます。

その煙を冷やし、液化し・蒸留して不純物を取り除いたものが木酢液となります。色は、赤褐色~茶褐色をしています。

木酢酢の成分

木酢液の主成分は、酢酸(さくさん)になります。木酢酢には、酢酸以外にも様々な有機酸やアルコール類が含まれています。木酢液には、木の様々な養分が凝縮されていると言えます。

木酢酢の用途

木酢液は、昔は、酢酸やアルコールを製造する時の原料として使われていました。

現在は、農業の分野で害虫対策や動物駆除に活用されています。また、燻製する際の燻液として利用されることもあります。

木酢液は、肌にも良い成分が含まれているとして、入浴剤やイボ対策としても活用されています。

木酢酢の効能

酢酸をはじめとする有機成分やアルコール類を含む木酢液は、私たちの体に良い効果があります。木酢液の効果をみていきましょう。

殺菌効果

酢酸やアルコールが含まれる木酢液には、高い殺菌効果が期待出来ます。木酢液の殺菌効果は、古くから注目されており、民間療法に用いられてきました。

消炎効果

木酢液には、消炎効果があります。木酢液が、水虫やイボ治療に活用されるのは、その消炎効果を期待してでもあります。

かゆみを抑える効果

木酢液には、皮膚のかゆみを抑えてくれる効果があります。アトピー性皮膚炎の方の中には、木酢液の入浴剤をお風呂に入れて入浴される方もいます。

木酢液の入浴剤を入れて入浴すると、アトピー性皮膚炎特有の皮膚の粉ふきやかゆみを抑えてくれます。

木酢酢に効くイボ

木酢液は、イボ治療に効果があるとされていますが、すべてのイボに効果がある訳ではありません。木酢液が効果をもたらしてくれるのは、ウィルス性のイボになります。

ウィルス性のイボは、原因となるウィルスが増殖するとどんどん数が増えていきますので、イボの数が少ないうちに対処することが大切になります。

木酢液でのイボの治療法&注意点

木酢酢を使う時には、使用説明書に従い正しく使うようにしましょう。木酢液でのイボ治療の方法と注意点をご説明していきます。

木酢液でのイボ治療法

木酢液でのイボ治療は、毎日続けることで効果が得られます。お風呂上がりなど時間を決めて、できるかぎり毎日継続するようにしてください。イボにもよりますが、2週間~1ヶ月ほどかかることもあります。

  1. 木酢液の原液または薄めて液をガーゼやコットンに含ませたり、綿棒の先につける
  2. 1をイボができている部分に塗る(上から絆創膏を貼り、しばらく放置してもよい)
  3. イボが剥がれそうになってくるまで毎日続ける
  4. イボが剥がれそうになったら、ピンセットでイボを取り除く

木酢液を使用する時の注意点

原液の木酢液は、かなり濃度が濃くなっています。顔などに使用する時には、薄めた木酢液を使用するようにしてください。

また、敏感肌の方は、体の目立ちにくい部分に少しつけてみて、肌に異常がないか確認した上で、使用するようにしてください。

木酢酢を選ぶ時の注意点

木酢液は、イボ治療など人が使うこともありますが、農業用としても使用されています。また、木酢液の原料や製造方法に関する法的決まりがないため、各メーカーがある程度自由に製造することができます。そのため、メーカーにより品質や製造工程にばらつきがあります。

木酢液を選ぶ時には、メーカーのホームページや品質表示などをしっかりと確認し安全で信頼できるものを選ぶようにしてください。

木酢液を選ぶ時は、以下の2点に注意してください。

発がん性物資検査済みのもの

木酢液を選ぶと時には、発がん性物資が含まれていないことを検査で確認されているものを選ぶと安全です。木酢液の中には、ベンツピレンやホルムアルデヒドなど発がん性物質を含むものもあります。

原料や製造工程により、木酢液の発がん性物質が含まれることがありますので、信頼できるメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

純度の高いもの

木酢液を選ぶ時には、できるだけ純度の高いものを選ぶようにしましょう。純度が高ければ高いほど発がん性物質などを含む可能性が低くなります。

一般的に純度が高いものほどお値段が高くなっていますので、あまり安すぎるものは品質面で安全であるかよく検討してから購入する方が良いでしょう。

木酢液は臭い&色に注意!

木酢液は、木独特の臭いがします。臭いに敏感な方や木の臭いが苦手という方には、使いづらいかもしれません。また、木酢液は、茶褐色をしているものが多いです。

木酢液を肌に塗って使用する時には、衣類などの木酢液の色が付着する場合がありますので、十分に注意してください。

オススメの木酢液

木酢液は、メーカーにより価格・原料・製造過程など様々です。色々な商品を比較検討して納得できる木酢液を選ぶようにしてください。

木炭屋「木酢液クリア」

木酢液クリアは、高知県産の備長炭を焼いた時にでる煙を原料としている木酢液を更に浄化したものです。浄化する前の木酢液でも品質としては十分ですが、それをさらに浄化することで、高品質なものとなっています。

臭いもまろやか木酢酢の臭いが苦手な方でも使えますし、色も透明なので衣類に付着する心配もありません。

木酢液クリアを患部に塗る時に役立つロールオン容器がセットになっている商品なら、塗る時の手間もかなり省くことができます。

お風呂などに入れる時には、浄化前の木酢液を利用するなど、用途により使い分けることもできます。

参考価格:「木酢液クリア500ml×3本+ロールオン容器1個」5,400円(税抜)

販売サイト:木酢液クリア 500ml入り【木酢液クリアは発ガン性検査済みです】

まとめ

木酢液でイボを治療することができると、何度も皮膚科に通って痛い思いをしてイボを焼いてもらったり、長い間薬を飲んだりする必要がなくなるので、嬉しいですね。

ただ、木酢液の中には、発がん性物質を含んでいるものもありますので、木酢液を選ぶ時には、信頼性の高いものを選ぶ必要があります。

木酢液は、イボへの効果が期待できますが、即効性があるものではなく、効果の程度にも個人差があります。木酢液は、ある程度継続して使用するようにしてください。

-首にできたイボについて

Copyright© 艶つや習慣の口コミブログ , 2018 All Rights Reserved.